忍者ブログ

[PR]

2017年08月19日
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

坂巻あきむ

2008年12月21日
坂巻あきむwebサイト

おもちゃ箱

坂巻あきむ先生の漫画作品(コミック単行本)
クレーンゲームあぁむたん 1
街のゲームセンター「game mode」の1号店に、ある日突然ロケテストとして納入された、新型のクレーンゲーム。その特徴は、アーム部分が「擬人化されたロリロリ美少女」というものだった。この擬人化アームは「あぁむたん」と呼ばれ、人間と変わらない感情も持ち合わせていた。
あぁむたんは大好評で、さまざまなあぁむたんが系列店などにも次々と登場し、店員やゲーム好きな客たちと、喜怒哀楽を共有する存在となっていく。

はっぴぃでぃずあかでみぃ
1巻 2巻
2次元キャラ大好きの高校生・連汰は、憧れの同級生・有澤こなみとその友人の雛雪結依に誘われて、学習塾に通うこととなる。
個性バクハツの塾生たちに驚きっ放しの連汰は、塾の経営者が自宅のお隣さんだという事を知って二度ビックリ。
さらに、そこが勉強以外の「能力」を引き出す場でもあるという事実に三度目のビックリ!? 放課後のトキメキを綴る、「お塾タイムコメディ」がスタートなのだ!

ぷちかのん。
ぷにぷに~っとした絵柄と、リリカルで優しいムード、ラストの印象的なひとコマの三位一体がうれしい、坂巻あきむさんのベスト版が出ました。
いきなりのっけからかましてくれるのは巫女しおりん(緋袴にストールというのが新鮮ですね)が愛らしい「天使のぬくもり」。コメディタッチで初めてじわじわとムードを盛りあげていき、ラストの一コマにつなげるのはまさに坂巻さんの十八番。いきなり坂巻さんらしさをたっぷり味わえる作品です。
「春」は、Kanonをプレイした人なら誰でも思うところを、うまくきれいにまとめた作品。最後に1ページを使ったフィナーレが実にいいですね。
「ふたつのこころ」は香里と美汐、ふたりのサブヒロインをクロスさせ、最後は余韻を残す展開が心憎いリリカル・ストーリー。これも、ラスト一コマを印象的に作っていて、心憎く感じられます。
「雪にとけた想い」はモノローグを多用し、重めのムードで進むあゆと祐一の物語。ゲームの流れからするとバッドエンド的なストーリー展開なんですが、それをしっとりとしたトゥルーエンドへ持っていく、なかなか味のある作品ですね。
「こころ日和」は北川&しおりんというちょっと意外な取り合わせ。なかなか応用しがいのある組み合わせだと思うんですけどね。最後の1ページ、特に北川のセリフがらしくて良いですね。欲を言えばあと1ページが欲しかったかな。
「ずっと・・・」は真琴で必殺技の「ラストひとコマ」が炸裂。炸裂度では「春」といい勝負ですね(笑)。前半話があっちに飛びこっちに飛びして、イマイチ手際の悪さはありますが、いい作品だと思います。

マジキュー4コマ リトルバスターズ!(1)マジキュー4コマ リトルバスターズ!(1) (マジキューコミックス)
ご存じ『key』の新作『リトルバスターズ!』が、マジキュー4コマシリーズに早くも登場!!精鋭陣による『リトバス』ワールドをお楽しみください!!

マジキュー4コマ CLANNAD(3)マジキュー4コマ CLANNAD(3) (マジキューコミックス)
『CLANNAD』4コマ、絶好調第3巻!!
あたたかいご声援に支えられ、執筆陣も意気軒昂!精鋭陣でお贈りします。
PR
Comment
  Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
Trackback
トラックバックURL: